ホープ工房 ホープ工房は、札幌西区の障がい者就労支援事業所ホープで制作している手工芸品の販売サイト。主たる支援事業であるホープ再生自転車販売で培ったノウハウを活かし、自転車パーツを活用したアクセサリーやアイデアグッズを販売。また、完全無添加・無着色の犬用チーズおからクッキーやプロミュージシャン監修のハンドメイドカホンなども販売。

シリーズ:ホープ工房の生立ちについて(その4)

 

 

ホープ再生自転車販売の開始

 
ホープ工房を始める原点は、ホープ再生自転車販売の成功にあります。
平成27年度に始めました。
3月26日に事業所前にオープン。
 
アイデアは、その前年の夏頃、事業所前に自転車が一台、一週間放置(拾得物として、警察に届け出した。)されていることから着想しました。
この地域は、マンション街の為、買い替えや転勤などで不要自転車が多くある事が想定され、その不要となった自転車を大量に調達し、整備の上、リサイクル自転車として販売することを思いついたのです。
 
そして、中古自転車の実情や法制度等勉強を開始。
幸いなことに、古物商の認可は、何かの事業に役立つと考え既に取得していました。 
 
そしてこれは、神様が「やりなさい。」ということだと確信しました。
 
そして平成26年秋から、マンションから不要となった自転車を回収し始めました。
ノウハウなし、場所なしのナイナイ状態でしたが、不思議な出会いで専門家が備えられ、一階の駐車場を作業場として一部利用することにしました。
 
そして、近隣のマンションへ私達の活動の趣旨をお話しする中で、心よく協力していただけるマンションも現れて、回収を本格化させていきました。
集めた自転車を冬場に整備し、リサイクル販売に向けた準備を行っていきました。
 
障がい者支援事業の一つである、たい焼・たこ焼店での仕事は、人前での仕事の為、苦手な方も多くいます。
一方、一人で黙々と作業するのが得意な方もいます。
そういう方にとって、自転車のさび落としや修理をマイペースで行うのは、格好の仕事となりました。
 
 
 

「再生」は「再び生きる、生かされる」

 
あるメンバーが、自転車修理をする過程で、その自転車を自分のことのように思ったと言っていました。
 
自分は廃人みたいなもので、何の価値もないと思っていたが、このように廃棄物一歩手前の自転車が、再生し、よみがえっていくことに直接携わり、それが実現していくと、まるで自分のことのようにうれしく、自分にもその可能性を感じる。
 
 
その話に感動した私は、単に中古自転車販売としてとらえるのではなく、「再生」のフレーズを使い「ホープ再生自転車販売」と命名しました。
 
 自転車の再生でもあり、心の再生でもある。
 放置自転車の処理に困っている方々からは、感謝されている。
 札幌市が苦慮している放置自転車対策の一助にもなっている。
 相手からも感謝され、私達も感謝する仕事はめずらしい。
 廃車スクラップ寸前の自転車からも感謝されているかもしれない。
 私達もうれしい。
 
事業所一階の駐車場の一角を利用して自転車整備作業を行い、事業所の前に自転車を展示するといった、充分とはいえない体制ではありましたが、とにかく始めました。
整備作業を行うのも、職員の他は2~3名に過ぎませんでした。 

 

次回に続きます。

 

 

執筆:代表斎藤

関連情報

ホープ工房

ホープ工房

ホープ工房は、札幌西区の障がい者就労支援事業所ホープで制作している手工芸品の販売サイト。
主たる支援事業であるホープ再生自転車販売で培ったノウハウを活かし、
自転車パーツを活用したアクセサリーやアイデアグッズを販売。
また、完全無添加・無着色の犬用チーズおからクッキーやプロミュージシャン監修の
ハンドメイドカホンなども販売。

屋号 特定非営利活動法人 生活相談サポートセンター
住所 〒063-0004
北海道札幌市西区山の手4条1丁目1-28
営業時間 9:00~18:00
定休日:土・日・祝
代表者名 斎藤 博之 (サイトウ ヒロユキ)
E-mail info@hopekobo.com

コメントは受け付けていません。