ホープ工房 ホープ工房は、札幌西区の障がい者就労支援事業所ホープで制作している手工芸品の販売サイト。主たる支援事業であるホープ再生自転車販売で培ったノウハウを活かし、自転車パーツを活用したアクセサリーやアイデアグッズを販売。また、完全無添加・無着色の犬用チーズおからクッキーやプロミュージシャン監修のハンドメイドカホンなども販売。

手描き看板:ホープ工房、芸術作品、一生懸命、雨ニモマケズ

 

工房看板2

 

芸術作品

この看板を描いて下さった方は、じっくり丁寧に美しく可愛らしく仕上げて下さり、まるで一人の画家がキャンバスに心をこめて絵を描いていくかのように力が入っており、私は感動しながら見させていただきました。

看板というよりは1つの大きな作品が完成しました!

もったいなすぎて、看板として外に出さずに室内に飾りたいと思ったのですが、やはり沢山の方々にこの作品を見て頂きたいし、ホープ工房に来て頂きたいので、頑丈にして外に飾っています!

 

 

雨ニモマケズ、風ニモマケズ

ホープのビルの前はいつもビル風が吹き風の強い日などには恐ろしい程強い突風が吹きます。

前回作った看板はビニールも掛けずに、漬物石で抑えていた程度だったので、強い突風が吹くと、無惨に吹き飛ばされ、雨で看板の文字が消えてしまいました。

そんな光景を見かねて優しいスタッフの方がビニールを掛け、もっと重たい重りを付けて頑丈にして下さいました!

 

本当に感謝です!

ホープ工房はこうした沢山の方々の心がこもった工房で、日々進化を遂げ成長しています!

 

 

 

雨ニモマケズ

 

宮沢賢治の有名な詩より

 

「雨ニモマケズ」

雨にも負けず

 

風にも負けず

雪にも夏の暑さにも負けぬ

丈夫なからだをもち

慾はなく

 

決して怒らず

いつも静かに笑っている

一日に玄米四合と味噌と少しの野菜を食べ

あらゆることを自分を勘定に入れずに

よく見聞きし分かり

 

そして忘れず

野原の松の林の陰の小さな萱ぶきの小屋にいて

東に病気の子供あれば行って看病してやり

西に疲れた母あれば行ってその稲の束を負い

南に死にそうな人あれば行ってこわがらなくてもいいといい

北に喧嘩や訴訟があればつまらないからやめろといい

日照りの時は涙を流し

寒さの夏はおろおろ歩き

みんなにでくのぼーと呼ばれ

褒められもせず

 

苦にもされず

そういうものに

 

わたしはなりたい

この「雨ニモマケズ」のモデルになっている人はクリスチャンの方だったそうです。
まるでイエス様の生き方そのものだと感じます。

 

ホープ工房の看板を通してこの宮沢賢治の詩を思い起こしました。

このような揺るがないキリストの愛を土台に据えた人生を送りたいものです。

 

執筆:スタッフ阿部(陽)

 

 

日の光

オススメ関連商品

犬用チーズおからクッキー

通常価格

450

(税込)
yahooショッピング BASEショップサイト

※商品価格以外に別途送料などは販売ページをご参照下さい。

商品紹介

安心・安全の犬用クッキー。原材料:北海道産小麦「ゆめちから」/ニュージーランド産パルメザンチーズ/イタリア産エクストラバージンオリーブオイル/新鮮おから 100g当たり306kcal

ホープ工房

ホープ工房

ホープ工房は、札幌西区の障がい者就労支援事業所ホープで制作している手工芸品の販売サイト。
主たる支援事業であるホープ再生自転車販売で培ったノウハウを活かし、
自転車パーツを活用したアクセサリーやアイデアグッズを販売。
また、完全無添加・無着色の犬用チーズおからクッキーやプロミュージシャン監修の
ハンドメイドカホンなども販売。

屋号 特定非営利活動法人 生活相談サポートセンター
住所 〒063-0004
北海道札幌市西区山の手4条1丁目1-28
営業時間 9:00~18:00
定休日:土・日・祝
代表者名 斎藤 博之 (サイトウ ヒロユキ)
E-mail info@hopekobo.com

コメントは受け付けていません。