ホープ工房 ホープ工房は、札幌西区の障がい者就労支援事業所ホープで制作している手工芸品の販売サイト。主たる支援事業であるホープ再生自転車販売で培ったノウハウを活かし、自転車パーツを活用したアクセサリーやアイデアグッズを販売。また、完全無添加・無着色の犬用チーズおからクッキーやプロミュージシャン監修のハンドメイドカホンなども販売。

ニンニク:生命力、勇気、影響力

 

 

 

 

ニンニク栽培

 

家庭菜園を趣味にされている方はたくさんいると思いますが、皆さんはどんなお野菜を育てているでしょうか?

僕は、「ニンニク栽培」に特化しています。
ここ数年は、タイミングを逃していますが、10年ほど前から始めました。

なぜニンニクなのかというと、魅力にあふれる多くの特徴があるからです。

 

 

ニンニク収穫3

 

ニンニクの魅力

 

ニンニクは秋に植えます。

 

スーパーに売っているニンニクで構いません。
特別な専門店や種苗店などに行って何が何やらわからないなか種や苗を選ぶこともなく。
普段の食材の買い物のノリで構いません。

何個か買ってきて皮をむき、大きめなかけら(りん片といいます)を土に埋めます。

 

秋に植えて少し芽が出て、これから成長するぞ!という時に、こちら北海道では雪が降ります。

まだまだか細い芽の状態で、弱々しいたたずまいのまま、北海道の厳しい冬がやってきます。
容赦なく雪が積もり、気温は氷点下。

そんな中、若い芽は寒さに耐え、我慢するのです。
そして、つらい環境の中でも生き続ける底力を蓄えるのです。

 

そして春がやってきます。
雪が解け、やっと日差しが戻ってくるのですが、春に栽培が始まる野菜たちと違い、畑は硬いまま。
十分に日差しと栄養を吸収するには、まだまだ時間が必要です。

 

 

ニンニクの花

 

 

本格的な春が訪れる4月下旬から5月中旬、ニンニクは一気に成長し、花のつぼみが膨らみ始めます。
そのままにしておけば、紫色の河合らしい花が咲くのですが、茎が成長し花が咲くと、地中で成長するニンニク本体の成長を妨げるため、つぼみを取り除かなければなりません。

茎の部分は「ニンニクの芽」として焼肉などと一緒に食べることもできます。

ひざ丈くらいまで成長すると、葉の先が枯れ始めます。

そろそろ収穫の時です。

 

 

季節は初夏。

 

急に気温が30度近くになるような6月の下旬から7月上旬頃、試しに一つくらい掘ってみて、成長の様子を伺います。

(地域やその年ごとの気候によっても収穫時期は異なります)

 

十分な大きさかなと思えたら、いよいよ待ちに待った収穫です。

植える時は小さなひとかけらだったアイツが、今、土から掘り起こすと、七つ八つが一塊となった立派な姿に成長し、土から顔を出します。

なんとも楽しく、感動満載の時間です。

 

収穫後、すぐに食べると、これまた今までのニンニクの印象とは全く違う、優しさと、愛しさと、心強さを感じます。

熱を通すと、まるでジャガイモのような、はたまた、ゆり根のようなホクホクした柔らかさと甘み。

ほんのり感じるニンニク本来の風味…。

 

いつも食べているニンニクに近いものをもとめるなら、1か月以上待たなければなりません。
そうです、世に出ているニンニクは、ぽっと出とは違う熟成の期間を経た物なのです。

 

季節は夏を迎え、暑さのピークも超えたくらいの時期、ニンニクはやっとお披露目されるのです。

 

おっと、次の秋に植える分のニンニク、ちゃんと確保しておきましょう。

 

 

ニンニク収穫2

 

 

 

嗚呼、ニンニク

 

 

嗚呼、ニンニク

 

それは、スタミナの代名詞

苦しい環境を耐え忍び、身に着けた生命力

 

こじゃれたイタリアン風にきめるもよし

パンチとコクの韓国風にきめるもよし

 

決して主役にはならず

それでいて、あるとないとでは大きく違う、その影響力

 

臭さが旨さの証

 

口に含めば、それはすでにあなた自身

体の一部となる

力がみなぎり、勇気に変わる

 

嗚呼、ニンニク

 

そんな男に、私はなりたい。

 

 

みんな、今は冬のようにつらい時期かもしれない。

でも必ず春が来て次のステップに行く時が来る。

人に大きな影響力を与えられるようにホープでしっかり力を蓄えようじゃないか!

 

 

執筆:スタッフ小野

おススメ関連商品

犬用チーズおからクッキー

通常価格

450

(税込)
yahooショッピング BASEショップサイト

※商品価格以外に別途送料などは販売ページをご参照下さい。

商品紹介

安心・安全の犬用クッキー。原材料:北海道産小麦「ゆめちから」/ニュージーランド産パルメザンチーズ/イタリア産エクストラバージンオリーブオイル/新鮮おから 100g当たり306kcal

ホープ工房

ホープ工房

ホープ工房は、札幌西区の障がい者就労支援事業所ホープで制作している手工芸品の販売サイト。
主たる支援事業であるホープ再生自転車販売で培ったノウハウを活かし、
自転車パーツを活用したアクセサリーやアイデアグッズを販売。
また、完全無添加・無着色の犬用チーズおからクッキーやプロミュージシャン監修の
ハンドメイドカホンなども販売。

屋号 特定非営利活動法人 生活相談サポートセンター
住所 〒063-0004
北海道札幌市西区山の手4条1丁目1-28
営業時間 9:00~18:00
定休日:土・日・祝
代表者名 斎藤 博之 (サイトウ ヒロユキ)
E-mail info@hopekobo.com

コメントは受け付けていません。