ホープ工房 ホープ工房は、札幌西区の障がい者就労支援事業所ホープで制作している手工芸品の販売サイト。主たる支援事業であるホープ再生自転車販売で培ったノウハウを活かし、自転車パーツを活用したアクセサリーやアイデアグッズを販売。また、完全無添加・無着色の犬用チーズおからクッキーやプロミュージシャン監修のハンドメイドカホンなども販売。

ホープ食堂の看板メニュー・有機栽培(有機農業)の野菜たち

佐々木ファーム

 

 

今年の4月より、NPO法人HAPPY NEW EARTH様が私達の活動に賛同いただいくことになりました。

そこで、同法人様の活動に関わられている佐々木ファームさんが有機農法で栽培されている無農薬野菜をいただくことになりました。

早速、素晴らしい恵みのメニューとして加えさせていただいています。

 

佐々木ファームは、北海道洞爺湖町で肥料・農薬に頼らない「循環型農法」で約100品種の生命力のある元気な野菜を栽培しています。

 

スローガンは「土はいのち、いのちは土から」。

「いのち」がびっちり詰まった元気な野菜たちのみなぎるパワーをぜひ感じてみて下さい!

 

心と思いと情熱にあふれる活動をされている農場です。

 

 

そこで今回は、有機農法などについて調べてみました。

 

 

 

 

有機栽培(有機農業)って何?

 

定義としては、このような感じ

・化学的に合成された肥料や農薬を使っていない。

・遺伝子組換え技術を利用しない

・農業生産に由来する環境への負荷をできるだけ減らした農業生産の方法を用いて行われる農業

 

簡単に言うと、化学肥料や農薬、遺伝子組換え技術を使わずに、環境にやさしい栽培方法で作物をつくろう」ということでしょう。

 

「有機野菜」と聞くと、安全で美味しい野菜をイメージしがちですが、それだけでなく、自然の力を生かすことや、環境にやさしい方法でつくられていることも大切なポイントなんですね。

 

 

トラクター

 

 

まずは、土づくり。

 

有機栽培で作られた「有機農産物」として認められるには、国が定めた「有機JAS規格」を満たさなければいけません。

ですので、まず最初にしなければいけない大切な作業は「土づくり」です。

たい肥などを沢山取り入れ、化学肥料や農薬を使用せず2年以上の時間をかけて健康な土を作ります。

その他にも生産過程に多くのルールがあり、それを守り、認められて、初めて「有機農産物」と呼べることになるのです。

 近年では、スーパーなどで「有機野菜」という表示をよく目にするようになりましたが、その表示ができるには明確な基準があり、それに基づいて生産していることを示す証なのです。

 

 

畑

 

 

ちょっとわかりにくい、有機、無農薬、減農薬、自然農法、オーガニック…違いは何?

 

有機JAS規格によって明確に分けられています。

それぞれに検査があり、合格しなければ、これらを表示することはできません。

 

 

■無農薬栽培

 

無農薬栽培とは、その名の通り、栽培中に全く農薬を使わない栽培方法です。

しかし、全く農薬を使わずに栽培するのはとても難しいのです。自分が農薬を使わないと決意したとしても、近所の農家の農薬が飛散してきたり、土や水に農薬が残っていたりと、偶発的な混在を避けることはとても困難です。

また現在のところ、厳格な基準やそれを認定する機関が存在しないということもあり、消費者に誤解を与えないように「無農薬」と表示することは禁止されています。

よって、現時点では、「無農薬栽培」と表記された農作物は存在しないということになります。

もし「無農薬栽培」と表記されている野菜を見かけたら、慎重に見極めた方がいいでしょう。

 

 

■無農薬栽培への誤解

 

化学的に合成された農薬を使用せずに農作物を栽培することが「有機栽培」と言われていますが、実は、すべての農薬が禁止されているわけではありません。
そのため、「有機栽培よりも無農薬栽培の方が安全」と感じられる方も多いかもしれませんが、それは誤解です。
有機栽培は農林水産省の認定機関の審査があるのに対し、無農薬栽培は第三者機関が認定しているわけではありません。
ですので、「無農薬栽培」が何よりも安全とは言い切れないのです。

 

 

■自然農法

 

自然農法には明確な定義があるわけではありません。

実践している人によっても不耕起・不除草の部分は違っています。

 

自然の中で育つ植物の本来の在り方を見直してみましょう。

 

自然の中には、虫も生き、雑草も生えています。

耕された畑とは違う過酷な環境があります。

そのような中で、植物は立派に育ちますし、時が経てば肥えた土ができています。

自然の中で育つ植物は、農薬や肥料を使用しなくても、自然の力で育つのです。

 

そんな、本来自然が持っている力を最大限に生かし、作物を栽培するのが「自然農法」です。

実戦する方々の解釈で少し違っている場合もありますが、自然本来の力、作物自体が持っている力を生かした農法という点では共通しています。

 

このように、農法だけでもいろいろな決まりがあり、それらを駆使して野菜を育てる農家さんの大変な努力があるからこそ、尊い「いのち」をいただけること、本当に感謝な思いでいっぱいです。

いただいた野菜達を素材の良さを壊さないように料理してお弁当のメニューを考える、楽しい時間がまた増えました。

 

 

弁当

 

 

ホープ食堂に、大好評の唐揚げと並んで素敵な野菜達の看板メニューが増えました。

ホープ食堂を必要としている方たちの健康の一助となればと、スタッフ一同願っています。(良)

 

執筆:スタッフ斎藤

オススメ関連商品

犬用チーズおからクッキー

通常価格

450

(税込)
yahooショッピング BASEショップサイト

※商品価格以外に別途送料などは販売ページをご参照下さい。

商品紹介

安心・安全の犬用クッキー。原材料:北海道産小麦「ゆめちから」/ニュージーランド産パルメザンチーズ/イタリア産エクストラバージンオリーブオイル/新鮮おから 100g当たり306kcal

ホープ工房

ホープ工房

ホープ工房は、札幌西区の障がい者就労支援事業所ホープで制作している手工芸品の販売サイト。
主たる支援事業であるホープ再生自転車販売で培ったノウハウを活かし、
自転車パーツを活用したアクセサリーやアイデアグッズを販売。
また、完全無添加・無着色の犬用チーズおからクッキーやプロミュージシャン監修の
ハンドメイドカホンなども販売。

屋号 特定非営利活動法人 生活相談サポートセンター
住所 〒063-0004
北海道札幌市西区山の手4条1丁目1-28
営業時間 9:00~18:00
定休日:土・日・祝
代表者名 斎藤 博之 (サイトウ ヒロユキ)
E-mail info@hopekobo.com

コメントは受け付けていません。