ホープ工房 ホープ工房は、札幌西区の障がい者就労支援事業所ホープで制作している手工芸品の販売サイト。主たる支援事業であるホープ再生自転車販売で培ったノウハウを活かし、自転車パーツを活用したアクセサリーやアイデアグッズを販売。また、完全無添加・無着色の犬用チーズおからクッキーやプロミュージシャン監修のハンドメイドカホンなども販売。

皇帝(カイゼル)あらわる

 

 

出会いは、1本のメールから

 

犬用チーズおからクッキーの紹介ページに登場する白いワンちゃん、実はウチのワンコです。
名前はカイゼル、もう13歳の老犬です。(人間で言うなら70~80歳)
比較的大きな体格で、最寄りの大き目の公園で散歩をするとけっこう注目を浴びます。

 

 

 

彼との出会いは、道東のとある町役場に勤める私の従弟からの突然のメールから始まります。

 

「今度殺処分される犬の中に、どうしても気になる子犬が1頭いる。誰か面倒を見てくれる人はいませんか?」

 

送られてきた写真を見ると、真っ白いモフモフした毛並み、大型犬特有の太い足。
血統書でもありそうなかわいいワン子でした。(結局判別がつかず「雑種」とのこと)

いわゆる「保護犬」ということになりますでしょうか。

 

 

 

第二の人生に活気を

 

その情報にウチの父親が手を挙げました。

長年のサラリーマン生活をリタイヤとほぼ時を同じくしてやってきたカイゼル

健康維持には丁度良く、第二の人生に活気を与えてくれました。

おかげでそれなりに歳を重ねた身でありながら、足腰におとろえは感じません。

カイゼルに感謝です。

 

そして、動物が大好きな私の弟も精力的に面倒を見てくれています。

休み日は長い時間をかけてしっかりコミュニケーションをとり、「お座り」や「伏せ」「待て」も言うことを聞いてくれるようになりました。

 

 

 

私はというと、カイゼルにとっては3番目、いや、カイゼル自身を入れると4番目の扱いなのか、どこかなめられているように感じます。たまに散歩に連れて行っても、自分の好きなように歩き回り2時間たっても帰ろうとしません。
お座りや伏せも私の指示では聞いてくれているのかいないのか…。

私に対しては、文字通り「皇帝(カイゼル)」にでもなったかのようです。

 

 

必殺アイテムを炸裂!!

 

しかし…

そんな私にも、必殺アイテムがあります。
その名は犬用チーズおからクッキー!!。
本当にこれはおいしそうに食べてくれます。
こんな私でも、言うことを聞いてくれます。

 

是非、皆さんも試していただきたい!!
他との違いを感じて頂きたい!

お求めは下記から販売サイトへ進めます。
どうそよろしく!!

 

 

 

 

 

 

 

 

執筆:スタッフ小野

オススメ関連商品

 

▼こちらは特集ページです。

犬用チーズおからクッキー

コメントは受け付けていません。